ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ

ニキビを治す ニキビ痕を消す 為に調べたやってみた 口コミや情報を書いています

思春期ニキビを改善・予防する方法

投稿日:

思春期ニキビをきちんと治そう!ニキビを予防する方法も教えます

思春期になると現れる、ポツポツとした赤いニキビ。
異性の目も気になり始める年頃ですし、なるべく早く、できるだけきれいに治したいものですよね。

しかし、一度にたくさんのニキビが頬や額にできてしまうこともあり、どうすれば正しいケアになるのか分からないと悩まれることもあると思います。
ここでは、思春期ニキビの治し方と、予防するためのポイントを解説します。

思春期ニキビ予防改善方法

 
 

思春期になるとどうしてニキビができるのか?

“思春期”ニキビとは?

ニキビには思春期にできるタイプ以外にもいくつかの種類がありますが、思春期ニキビは成長ホルモンが分泌されるようになる、小学校中学年頃から高校生頃までにできるニキビのことを言います。
その原因は、皮脂の量が過剰になることだと言われており、額から鼻筋にかけてのTゾーンと言われる部分に多く発生します。
ニキビの見た目は赤いので目立ちやすいのですが、無理に潰すとクレーターのようなニキビ跡が残ってしまいます。

思春期ニキビの発生メカニズム

10代に入り成長ホルモンが分泌されるようになると、私たちの体は「男性らしい体」「女性らしい体」をつくるために少しずつ変化を始めます。
男性ホルモンと女性ホルモンという名前を知らない方は少ないと思いますが、思春期になると男性はテストステロン、アンドロゲン、というホルモンが分泌されるようになり、女性はエストロゲンというホルモンが分泌されるようになります。
しかし、成長期においては、ホルモンの分泌量は一定ではなく、かなり不安定な状態となっていると言われており、なかには皮脂が多く分泌されるようになる人が出てきます。
このことで、皮脂が原因の思春期ニキビが生まれるようになります。

思春期ニキビにはもうひとつ原因があると言われています。
それは、ストレスです。

学校でのストレスは大人が思う以上に深刻なもので、勉強のこと、人間関係、部活での活躍などさまざまなものがあります。
ストレスを感じる、発散できない、ということになると皮脂の過剰分泌に繋がり、ニキビを発生させてしまいます。
ストレスが原因のニキビは大人にも共通することです。

思春期が終わるとともに、思春期ニキビは消えていく

高校を卒業する頃になると、思春期も終わりに差し掛かります。
すると、成長ホルモンの分泌量も自然と安定ししていき、思春期ニキビはあっさりと消えていくようになります。
一時期とはいっても、ニキビのある顔を見るのもストレスのもとになりますし、触りすぎて跡が残ってしまうのは避けたいものですね。

 
 

思春期ニキビを治す方法

まずは正しく洗顔をする!

思春期ニキビを治すためには、肌を清潔にしておくことが大切なポイントです。
そのために最も大切なのは、洗顔です。
多くなりすぎた皮脂を落として、ニキビの原因となるのを防ぎましょう。

洗う際に気を付けるのは、擦りすぎない、洗いすぎない、ということです。
ニキビを治したいと思ってゴシゴシと肌を擦る、長時間泡を付けるというのは肌を刺激、乾燥させて皮脂の分泌量を増やしてしまいかねません。
洗顔フォームを泡立てネットなどでしっかりと泡立てて、30秒くらいで洗い流すだけでも効果は十分得られます。
朝は水かぬるま湯で洗っても問題ありません。

洗顔後の保湿を行うとニキビケアの効果はアップ

ニキビケアには保湿も大切です。
アクネケアのアイテムではなくても良いですし、安価なものでも保湿はできますので、ドラッグストアなどで保湿ができる化粧水を探してみてください。
お母さまやお姉さんと一緒に行くと良いかもしれませんね。

大人であれば乳液などが必要ですが、思春期は皮脂が多く分泌されるため、化粧水だけを使っても乾燥するということはないと思われます。
しかし、化粧水はノンオイルのものを選びましょう。
オイルはべたつきの原因となり、ニキビを誘発する可能性があります。

ニキビを作らないために、夜の洗顔が大事

肌の清潔さをとくに維持しておきたいのは、就寝する際です。
眠っている間に、成長ホルモンが分泌されて肌が修復されるのですが、肌が汚い状態のままだと、成長ホルモンの働きを邪魔することになってしまいます。
肌が汚れていると、雑菌が繁殖してさらにニキビを増やす恐れがありますので、夜の洗顔は洗顔フォームや洗顔せっけんを使うようにしてください。

今すぐ治したい!という場合は皮膚科へ

ニキビが気になる、なかなか治らなくてストレスになる、という場合は皮膚科に行って診察、治療を受けることもできます。
自分であれこれ悩むよりも、医師の診察を受けて適切な治療を受けることでスムーズにニキビを治すことが期待できます。

赤いニキビは炎症を起こしているため、抗生剤を使った治療が多くなります。
皮脂の分泌量を整え、ニキビを作らない、治しやすい状態へと導きます。
薬の服用や、塗り薬を使った治療など、個人個人に合ったニキビケアを教えて貰えますので、ニキビに悩まれている場合は一度皮膚科へ行ってみるのも良いでしょう。

 
 

思春期ニキビを予防したい!

これ以上増やさないためには、ニキビを触らない

これは、すでにニキビが出来ている状態のときに気を付けることです。
手持ち無沙汰な合間に触ったり、潰したりすることもあると思いますが、これによってニキビの菌が増える、ニキビ跡が残る、ということがあります。
ニキビが出来ても触らずに、洗顔と保湿を行いましょう。

食事、お菓子に気を付けて

思春期は成長期でもあるため、食事の量が増える事もあると思います。
しかし、栄養バランスの偏った食事や、ジャンクフード、スナック菓子、甘いお菓子を食べ過ぎることで皮脂が多く分泌されることもありますので、注意が必要です。

また、女の子のなかにはダイエットをするという人もいると思いますが、食事を抜いてしまうとニキビが悪化します。
食事は3食きちんと食べ、おやつを食べないようにして適度な運動をしましょう。

思春期ニキビを改善する食品、栄養素についても説明します。
思春期ニキビに効果を発揮するのは、皮脂の分泌量を抑制するビタミンB2、肌の回復力や抵抗力を高めるビタミンB6です。
これらはビタミンB群と呼ばれる栄養素で、たまご、納豆、レバー、うなぎから摂取できます。

睡眠不足がニキビを作ることも

つい寝不足になることもあると思いますが、睡眠不足は体や肌にとってはかなりのストレスとなります。
このストレスはニキビを生み出す原因になりますので、早めに眠るようにしましょう。
就寝中は成長ホルモンが肌の調子を整えるため、ニキビを作らせない、早く治すという効果が高まります。
22時頃には眠っておくのがベストです。

紫外線を予防する

実は、紫外線もニキビの原因であると言われています。
紫外線を浴びると肌がダメージを受けるというのは有名な話ですが、それが思春期ニキビを作る可能性を高めています。
野外活動の際や、屋外での部活動の際には日焼け止めを塗って紫外線を防ぎましょう。

 
 

思春期ニキビを早く治すポイント

周囲の目が気になり始める思春期にできる思春期ニキビを早く治すためには、丁寧な洗顔と保湿、そして清潔な肌が必要になります。
ニキビを気にし過ぎるとそれがストレスになってさらにニキビが増えますし、髪の毛で隠してもそれが刺激になってニキビの治りを遅くさせます。
どうしても気になる場合には親御さんに相談して皮膚科に行ってみてください。
思春期が終われば自然と治っていきますので、あまり思いつめないようにしましょう。

 
 

-ニキビの豆知識
-, , , ,

Copyright© ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ , 2018 All Rights Reserved.