ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ

ニキビを治す ニキビ痕を消す 為に調べたやってみた 口コミや情報を書いています

口コミ・体験談

白ニキビ 赤ニキビ 治らない 美容皮膚科でにきび治療

投稿日:

白ニキビ 赤ニキビ 治らない 美容皮膚科でにきび治療

鏡を見ている女性

ストレスによるニキビ

25歳ごろから仕事とプライベートどちらにもストレスが生じることが多々あり、まず額に小さな白ニキビが大量に出始めました。
その時は洗顔などで治るだろうと安易に考えていましたが、次第に額から徐々に下がり、頬や口周り、首までも広がって白ニキビから赤ニキビへ変化してしまいました。

様々なニキビ対策

化粧水も色々変え、生活習慣も見直しました。
インスタント食品を極力摂らないようにしたり、硬水をたくさん飲んで新陳代謝を上げたり、お風呂に長く入って老廃物を出そうとしたり・・・
しかし白ニキビ治らない、赤ニキビも治らない…
そしてだんだんひどくなり、メイクをしても隠せなくなりました。

その後、プロアクティブの化粧水を使いましたが私には合わず刺激が強すぎたようで、かぶれてしまいにきびとかぶれのダブルパンチになりますます落ち込む結果になりました。

 

 

皮膚科でニキビ治療

30代のニキビに自己流のケアでは、白ニキビ治す方法と赤ニキビを治す方法に限界があると思った私は、たくさんの病院の皮膚科でニキビ治療をしました。
飲み薬、塗り薬を処方するクリニックもあれば、電気治療を勧めるクリニックもありました。

美容皮膚科へ

そして、地元では有名な女医さんのいる美容皮膚科に行ったのです。
そこでは保険内治療と自費治療でにきびの治療ができると医師から説明を受け、まずかぶれを保険治療で治してから皮膚科の美容コースのにきび治療に当たることにしました。

ケミカルピーリング

かぶれの方は塗り薬で良くなり、いよいよにきび治療のためのケミカルピーリングを受けることになりました。
ケミカルピーリングとは化学物質(主に天然の酸)を皮膚に塗布する事によって、皮膚の表面に残った古い角質や、傷んだ表皮の上層を剥離する事を言います。

白人に対して行われるような深いピーリングは、日本人などの黄色人種の肌には強い色素沈着を残す確率が高いため、行う事ができませんが、フルーツ酸を使用した、皮膚の表層だけのピーリングは、色々な肌トラブルを改善する事が知られています。
にきび・毛穴の開大・くすみ・美白・小じわ治療に使用します。
この様な説明を受け、期待に胸を膨らませ治療を続けました。

ただ、この治療では私のにきびはそこまで良くはなりませんでした。
表皮を剥離するため一見よくなっていく気がするのですが、新たなにきびが次々できます。

スムースビーム

そして、何度目かの治療の後にスムースビームを受けることを提案されました。
スムースビームは活動性の赤にきびを早く治し、皮脂腺を縮小して新たなにきびが発生しにくくします。
そして、陥凹したにきび痕を盛り上げる事ができると言われています。
ただこれはとても痛かったです。
麻酔をしても痛みがありました。

上記の治療を経てだいぶ見た目には良くなりましたが、結局完治には至りませんでした。

 

 

仕事を退職したらにきびが完治

私のにきびが完治したのは結婚の為仕事を退職してからです。
やはり、精神的なストレスを根本的にのぞかなければいくら治療してもあまり効果を感じることができませんでした。

37歳の今現在はにきびも全くなく、にきび跡もあまり目立たずメイクで隠れる程度になりました。
ストレスは大敵だと思います。
ストレス社会で完全にストレスを受けない生活は無理かもしれませんが、自分に合った発散方法を見つけることが大切だと思いました。

 

 

 

 

 

-口コミ・体験談
-, , , , ,

Copyright© ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ , 2017 All Rights Reserved.