ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ

ニキビを治す ニキビ痕を消す 為に調べたやってみた 口コミや情報を書いています

ニキビの豆知識

背中ニキビの原因と対策

投稿日:

どうして背中にニキビができる?原因と予防策を知ろう

背中にニキビが出来たとしても、自分の目では見えないため気付けないまま暫く過ごしてしまうこともあると思います。
しかし、出来たことに気付くと、ついつい気になってしまうもの。
どうして背中にニキビができるのか、原因と対策を解説します。

背中ニキビ原因対策

 
 

背中ニキビの原因は意外なもの

摩擦

実は、服や下着の摩擦で背中ニキビを作る原因を高めている、ということがあります。
背中のかゆみが気になって強い力で擦ったり、かいたりする。
締め付けられた部分がかゆいから何度も服の上からひっかくといったことは無意識に行っていると思いますが、これらのことが背中ニキビの原因に繋がっています。

肌を強く摩擦することで、表面の角質は厚みを増していきます。
角質の厚みが増えていくと毛穴の詰まりがおきやすくなり、ニキビもできやすくなります。
締め付けのきつい服は避ける、自分のサイズに合った下着を付けるというふうに気を付けましょう。

シャンプーとリンスが洗い流せていない

頭を洗った後、背中を触ってみましょう。
べたっとしたり、ぬるっとしたりしていませんか?
このべたつき、ぬるつきはシャンプーやリンスが背中に残っているという証です。

シャンプーとリンスが終わったらシャワーで全身を流す、リンスが終わってから体を洗う、というふうにすれば、背中にシャンプーとリンスが残ることは防げます。

背中の皮脂が多くなっている

顔に比べると、背中の皮脂量を気にしているという人はかなり少ないのではないでしょうか。
しかし、背中にも毛穴がありますので皮脂腺も存在しています。

とくに注意したいのは夏です。
汗をかくため、皮脂の量も増えてしまいます。
毎日体を洗って皮脂を洗い流しておけば問題ありませんが、それができていないと皮脂が毛穴に詰まってしまうということが起きます。
すると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が皮脂を餌にして増殖し、ニキビを作ります。

意外かもしれませんが、背中は最も皮脂腺が多いと言われている場所ですので、夏以外の季節でも注意しておきたいですね。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れているかどうかは自分では判断できませんが、なるべくホルモンバランスを乱さないようにすることが大切です。
そのためには、自律神経を適切に切り替えることがおすすめです。
夜はリラックスして副交感神経を優位にさせるために、湯船につかる、気持ちを落ち着かせるハーブティーを飲むようにするというったことを行いましょう。

食事

これはホルモンバランスにも通じることなのですが、「高GI食品」と呼ばれる食品は男性ホルモンが多くさせる力を持っていると言われています。
男性ホルモンが増えるとニキビの原因になりかねませんので、なるべく避けましょう。
また動物性脂肪が多くなるのもニキビを作る一因となります。
忙しいからといって適当な食事ばかりにならないように、気を付けてください。

 
 

背中ニキビのセルフケアは?

出来たばかりの背中ニキビや、炎症が重症化していないものであれば、自分でケアして治せる可能性が高くなっています。
おすすめなのは、ビタミンC誘導体を使ったアイテムです。
スキンケアでは美白成分として有名な成分ですが、ニキビケアに効果的なものでもあります。
自分で治したいと思う場合は、ビタミンC誘導体が配合されたアイテムを探してみましょう。

しかし、炎症が酷くなっているものに対して間違ったケアをすると、治りが悪くなるだけでなく跡を残すこともあります。
皮膚科で医師の診察を受けてください。
適切な処置でスムーズに背中ニキビを治せるかもしれません。

 
 

背中ニキビを作らせないために気を付けておきたいこと

パジャマ、シーツは清潔にしておく

人間は眠っている間にたくさんの汗をかく、ということをご存知ですか?
毎日毎日汗をかいているため、パジャマだけでなくシーツにも汗が染み込んでいくことも考えられます。
この汗が原因で背中ニキビが発生する可能性がありますので、パジャマは毎日洗うのが好ましいと言われています。
シーツは毎日洗うのは難しいため、1週間に1回洗濯するようにしましょう。
時間的な余裕がなければ、何枚か洗い替え用のものを置いておくのも良いでしょう。

糖分の摂取は控えめに

小腹が空いたときにチョコレートを食べたり、ついついケーキを食べてしまったり…ということは誰にでもあると思いますが、糖分の摂りすぎは背中ニキビができやすい状態を招きます。
「一切食べるな」という訳ではなく、食べる量に気を付けましょう。

ニキビに効果的なのは、毛穴の詰まりを解消する力を持ち、肌のターンオーバーを促す効果のあるビタミンAです。
にんじん、ほうれん草、かぼちゃに含まれています。

また、ビタミンB6には新陳代謝を向上させて皮脂が過剰に分泌されないようにする力があります。
にんにく、まぐろ、かつおに含まれています。

日々の食生活の中でこれらの食材を積極的に食べるようにしておくと、背中ニキビも防げるかもしれません。

ストレスを溜め込まない

仕事やプライベートでストレスを感じることも多いと思いますが、ストレスは自律神経のバランスを乱れさせて、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になってしまう、という状況を作りだします。
男性ホルモンが優位になると、皮脂の分泌量が過剰になり、角栓を作ってニキビを発生させます。

これを避けるためには、ストレスを溜め込まない、きちんと発散させる、ということが大切になります。
自分なりのリラックス方法、ストレス発散方法を見付けましょう。

睡眠の質を高める

夜遅くまで起きているせいで睡眠時間が短くなってしまうと、これも自律神経の乱れにつながります。
するべきことを終えたらなるべく早く眠る、アロマなどを利用して睡眠の質を高める、といったことを行ってみてください。

睡眠時間は6時間以上が理想とされています。
体の疲労回復のためにも、きちんと睡眠時間を確保しましょう

シャンプーとリンスをちゃんと洗い流す

背中ニキビの原因の項目でも説明しましたが、シャンプーとリンスは背中ニキビができる大きな要因です。
リンスが終わったらちゃんと洗い流せているか確かめたり、シャワーで体を流す、湯船につかる、といったことを行ってください。

 
 

気を付けていても背中ニキビができることもある

ニキビができないように気を付けていても背中ニキビができてしまう、という人もおられます。
そういった場合には、自己判断でニキビケアを続けるのではなく、皮膚科に行ってピーリングという処置を受けると背中ニキビが改善することがあります。

ピーリングを行えば、ターンオーバーが促されるため背中ニキビを治すためにはとても効果的だと言われていますし、ピーリング以外にも効果的な治療を提案してもらえるかもしれません。
ピーリングは少し刺激があるため、敏感肌の場合は肌荒れやトラブルを起こすこともありますので、まずは皮膚科に行って自分の肌や背中ニキビの状態をきちんと説明して相談に乗って貰いましょう。

 
 

背中ニキビを作らせないために、今日から対策を始めよう

背中ニキビの原因と対策を説明してきましたが、いかがでしょうか。
少し気を付ければできるケアばかりでしたので、対策しやすいと思います。
しかし、治りが悪い、気を付けていても次々と背中ニキビができてしまうといった場合には、医師の診断を受けてみましょう。

 
 

-ニキビの豆知識
-, ,

Copyright© ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ , 2018 All Rights Reserved.