ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ

ニキビを治す ニキビ痕を消す 為に調べたやってみた 口コミや情報を書いています

ニキビの豆知識

気になる茶色いニキビ跡…原因はメラニンかも!?

投稿日:

気になる茶色いニキビ跡。その原因はメラニンかもしれません。
ニキビが治った後に残ったニキビ跡。「せっかくニキビが治ったのに!」とがっかりされた経験がある方も多いのではないでしょうか。
ニキビ跡はなかなか治りにくく、気になってしまいますよね。
どうしてニキビ跡が治りにくいのかというと、実はメラニンが関係しているものがあるそうです。どうしてメラニンがニキビ跡に影響を与えるのか、ご説明します。

ニキビ跡

 

 

ニキビ跡はどれも同じではない

ニキビ跡というと、どれもこれも同じようなものだと思ってしまいがちですが、ニキビ跡にも違いがあります。
自分の肌に残っているニキビ跡を確かめて、どのタイプになるのかを確認してみてください。

 

赤みが残っている

赤みを残しているニキビ跡は、ニキビの炎症の影響を受けて残ってしまったものです。
炎症が起きると、私たちの体は傷を負ったと判断してそれを治そうとします。そのために毛細血管を新たに作るのですが、炎症していた部分だけがとくに赤く目立ちやすくなってしまいます。
このニキビ跡は特別なケアをしなくても、時間が経つことで目立たなくなってきます。また新たにニキビができないように日頃のケアをきちんと行いましょう。

 

茶色いニキビ跡

ニキビ跡がシミのようになってしまうタイプのものは、メラニンの影響を受けたものです。
肌のいちばん上にある表皮には、メラノサイトというメラニンの生成工場があります。このメラノサイトが活性化すると、メラニンがどんどん生成されてシミになってしまいます。
メラニンの影響がどの程度まで深刻なのか、という点が、茶色いニキビ跡を消していくための大きな鍵を握っています。

 

しこりがあるニキビ跡

これは同じ場所に繰り返しニキビが出来た場合に出来るものです。ニキビが繰り返し出来てしまうと、肌の奥深くの真皮層がダメージを負うことがあり、そのせいで肌の再生機能が上手く働かなくなり、コラーゲン繊維と呼ばれるものを大量に生成してしまいます。
コラーゲンは肌の潤いのために欠かせないものなのですが、過剰に作りだされることでしこりとなって肌に現れます。

 

クレーター状のニキビ跡

これは炎症が少し重かった場合に起こるものです。アクネ菌がニキビ周辺の皮膚を破壊し、さらに増えて続けている状態となっています。
これを阻止するために白血球が皮膚細胞を破壊し、炎症が広がらないようにしているのですが、この状態を放置してしまうと元の肌と同じ状態に戻すのにはかなりの時間を要しますし、元に戻らない可能性も高いと言われています。

 

ケロイド状態のニキビ跡

体質によっては、ニキビ跡がボコッと赤く盛り上がったような状態になる人があります。見た目は火傷跡にも似た状態です。
これは肌の奥の真皮層までダメージを負っている状態になっており、肌の再生能力が乱れているために起きるニキビ跡です。

 

どうしてニキビ跡がメラニンの影響を受けるのか

茶色いニキビ跡の部分で説明した、メラニンの生成によって色素沈着してしまうニキビ跡について説明します。

 

炎症の後でどうして色素沈着してしまうのか

ニキビが出来ると、アクネ菌が増殖し続けてしまうために肌が炎症するという現象が起きます。この際、私たちの体はアクネ菌を殺すために活性酸素を作りだします。
しかし、活性酸素は老化のもととなる存在でもあるため、活性酸素からも肌を守らなければ!という働きが起こり、ホルモンが分泌されてメラノサイトを刺激するのです。

通常ならば、メラニンはターンオーバーによって古い角質や垢といったものと一緒に剥がれて、排出されていきます。しかし、あまりに大量に作りだされたメラニンは上手く排出されないまま肌に残り、色素沈着として定着してしまいます。

 

色素沈着のニキビ跡をケアしたい!

色素沈着タイプのニキビ跡はシミによく似ているため、非常に気になるものです。シミが出来ると老けてみられやすくなってしまうので早く消したい!と思われるでしょう。
そんな方のために、色素沈着してしまったニキビ跡のケア方法を紹介します。

 

美白に特化した化粧品を使う

色素沈着のニキビ跡ができるメカニズムはシミができる際のものとよく似ています。そこで、シミ対策に使われる美白タイプのスキンケアアイテムを使ってケアするのをおすすめします。
特におすすめなのはビタミンC誘導体が配合されたものです。商品のパッケージを見て、ビタミンC誘導体配合というふうに記されているものを選んでください。全てのスキンケアアイテムにビタミンC誘導体が配合されていなくても大丈夫ですので、化粧水など取り入れやすいものから使ってみましょう。

 

週に1度ピーリングを行う

ピーリングは、肌に残った角質などを取り除くスペシャルケアです。ピーリングを行うと、ターンオーバーが促進されて、古い肌と新しい肌が入れ替わる効果が高まります。
一度のピーリングで古い肌全てが落ちるのではなく、ターンオーバーを繰り返すことで色素沈着してしまったものが薄くなりますので、焦らないことが大事です。

ピーリングは肌に対して凄く優しいというものではありません。
頻度は週に1度にし、使うアイテムもフルーツ酸AHA配合のものを使って、肌に強い刺激を与え過ぎないようにしましょう。

 

専門機関を受診する

自分で行うケアであまり効果が出ないという場合は、医師に相談するのが良いでしょう。
場合によっては、レーザーや光を使った治療方法を提案してもらえますし、塗り薬などを処方してもらえます。これらはセルフケアよりも強い効果が期待できますが、同時に刺激も強いものですので、きちんと相談、内容を理解してから使用を決めてください。

 

色素沈着を防ぐためにして欲しいこと

いちど色素沈着を起こしてしまうと、それを消すために時間もお金もかかることになってしまいます。そうならないためにも、日常的に注意しておきたいことがあります。

 

日焼け対策はしっかりと

紫外線を浴びた際にニキビがあると基底膜という部分が破壊され、そこに紫外線が当たることでダメージを受け、さらには肌の奥にある真皮層までダメージが及びます。
そうなると、肌の弾力やハリを保つために必要なコラーゲンやエラスチンという繊維にもダメージを与えます。

極力避けたい紫外線ですが、全く浴びずに過ごすというのは不可能です。ですので、1年を通して日焼け止めを塗るようにしましょう。
塗ってすぐには日焼け止め本来の効果が発揮されませんので、家を出る30分前には日焼け止めを塗っておくのが良いと言われています。そして、2時間から3時間おきに塗り直すことで、汗などで落ちてしまった部分をカバーしましょう。
日焼け止め効果を持つ日中用美容液や、化粧下地も有効ですし、塗り直す時にメイクを落とすのも大変なので、外出時には日焼け止め効果を持つファンデーションやフェイスパウダー、スプレータイプの日焼け止めを持っておくと良いですね。

 

ビタミンCで体の中から日焼け対策

食事の際にも意識してビタミンCをとるようにすると、体の中からシミや色素沈着対策をとることができます。
しかし、色素沈着で出来てしまったシミを改善するために必要なビタミンCは1日300mgから1000mgと言われており、食べ物だけで摂取し続けるのは大変ですので、サプリメントを使うのも良いでしょう。

 

心掛けひとつでメラニンを抑えられる

色素沈着やシミのもとになると思うと、メラニンは憎い存在ですが、本来は私たちの肌を守ってくれる存在です。生成されすぎてしまうことで色素沈着となってしまいますので、日頃から日焼け止めを塗るようにするなどの心掛けが必要です。
色素沈着のニキビ跡が出来ないよう、気を付けていきましょう。

 

 

-ニキビの豆知識
-, ,

Copyright© ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ , 2017 All Rights Reserved.