ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ

ニキビを治す ニキビ痕を消す 為に調べたやってみた 口コミや情報を書いています

ニキビは全部で5種類!種類ごとの原因と対策を徹底解説

投稿日:

ニキビ(にきび)は段階別に全部で5種類に分かれます。こちらでは、種類ごとの原因と対策を徹底解説いたします。
男女問わず、ニキビに悩まされている人は多いのではないでしょうか。しかし、ニキビには5種類に分類されることを知っている方はどれだけおられるでしょうか?
ニキビにはそれぞれの対処方法がありますので、ニキビの治りが悪い、治ったと思ったらすぐに新しいニキビが出来てしまう、とお悩みの方はぜひチェックしてください。

ニキビの原因と対策

 

 

ニキビの初期段階

この段階では、まだ目視でニキビを確認することは出来ませんが、このまま放置しておいて良いものではありません。ニキビが肌に現れる前に正しく対処しておきましょう。

 

ニキビの原因

ニキビはどうして出来るのか?その答えはずばり“毛穴が詰まってしまったから”です。毛穴が詰まると、毛穴の中では本来なら外へ出されるはずの皮脂が溜まっていきます。この皮脂はアクネ菌という菌の餌となり、アクネ菌が増殖を始めます。この菌の増殖がニキビの原因となります。

もうひとつ、毛穴の詰まりの原因となるのは男性ホルモンの過剰な分泌です。男性ホルモンの作用として、毛穴を硬くする、毛穴を小さくする、角栓の形成を促すというものがあります。さらには、肌を守るためのバリア機能を低下させてしまうという力も持っています。このこともニキビの発生につながります。

 

ケア方法

初期段階のニキビは、日頃のスキンケアを行うことで防ぐことができます。乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下しますので、保湿をしっかり行うことでニキビが出来る確率を下げることが可能になると思われます。

また、男性ホルモンの過剰分泌を避けるためにも、ホルモンバランスが乱れないようにすることも大切なポイントです。女性ホルモンには毛穴が詰まりにくくする効果を持つエストロゲンという成分がありますので、ニキビそのものが出来にくくなるかもしれません。

 

白ニキビはまだ初期段階

白ニキビになると肌表面に出て来ますので、パッと見てニキビが分かるようになります。
この白ニキビは毛穴の内部に皮脂が詰まっている状態で、まだ初期段階です。白ニキビのうちにケアを始めましょう。

 

白ニキビの原因は男性ホルモン

男性ホルモンの働きには、皮脂が増加するというものもあります。男性ホルモンの分泌によって毛穴が詰まり、増加してしまった皮脂がさらに毛穴に溜まってしまい白ニキビになってしまいます。

 

黄色ニキビもあるけれど、白ニキビとは別物

ニキビのなかには、黄色ニキビというものもあります。
白色と黄色が肌の上では見分けがつきにくく、黄色ニキビを白ニキビだと思う方も多いのですが、黄色ニキビはニキビの中に膿がある状態なので、ニキビの周囲が炎症を起こして赤くなっているはずです。
白ニキビよりも悪化してしまった段階が黄色ニキビです。

 

ケア方法

「ニキビは潰すと痕になる」と聞いたことがありませんか?確かに、ニキビが悪化して炎症を起こしている場合は痕になる可能性がありますが、炎症を起こす前の状態であれば潰しても痕が残らないと言われています。しかし、潰す際に指などに雑菌がついていると、その菌がニキビの患部に侵入して悪化してしまうこともありますので、出来れば皮膚科に行って処置を受けるのをおすすめします。

男性ホルモンの働きについては、女性ホルモンを増加させることで対策になります。女性ホルモンに良い効果をもたらすイソフラボンを積極的に取り入れてみましょう。「豆乳を飲んで肌が綺麗になった!」という話もありますのでぜひ試してみてください。

 

黒ニキビもギリギリ初期段階

黒ニキビは、毛穴に溜まった皮脂が変色して黒くなってしまったものを指します。毛穴が黒く点々として目立ってしまういちご鼻も、黒ニキビの仲間です。

 

黒ニキビの原因は皮脂

皮脂がきちんと取り除けていないと、毛穴の内部にどんどん溜まっていきます。そしていよいよ毛穴から溢れて外へ飛び出てしまったものが空気に触れて、酸化が起きます。酸化すると黒くなってしまい、黒ニキビになってしまいます。

 

ケア方法

黒ニキビも、白ニキビと同様に潰してしまっても痕が残りにくいと言われていますので、皮膚科に行くと潰して貰うことが出来ます。また、外用薬を用いての治療もありますので、気になる方はお医者さんと相談してみると良いでしょう。

病院に行かず、セルフケアでニキビを治したいという場合は、保湿重視のスキンケアを行ってください。保湿を行うと肌が潤って毛穴も目立ちにくくなります。
それ以上に効果が欲しいという方は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが促されるようにビタミンB2入りのアイテムを使ってみるのもおすすめです。

 

赤ニキビからは注意が必要

赤ニキビになると、ニキビが炎症を起こしている状態にまで悪化しています。ここからはきちんと正しいケアをしないと痕になってしまうこともありますので、注意しましょう。

 

赤ニキビの原因はアクネ菌の増殖

アクネ菌がニキビの原因と知ると、ニキビに悩まされている人にはアクネ菌がとんでもなく悪い存在に思えますが、アクネ菌は私たちの肌にもともと存在している常在菌と呼ばれるもので、ウイルスから肌を守ってくれています。
それが、皮脂が溜まってしまうことで過剰に増殖してしまため、赤ニキビの原因となってしまいます。

赤ニキビは痛みやかゆみを伴うので気になりますし、目立ちやすいためつい触ってしまいたくなりますが、触りすぎは良くありませんし、潰してしまっては痕になります。早めにケアを行いましょう。

 

ケア方法

炎症がひどい場合は、皮膚科でクリーム状の抗生物質を処方してもらう治療が主になります。人によっては内服薬、ステロイドといった薬を処方されます。これは、赤ニキビの原因がアクネ菌以外の場合もあるためです。医師や薬剤師から詳しい説明を聞いて、自分の肌の状態を把握しましょう。

薬を使って赤ニキビが落ち着いたら解決、というわけではありません。スキンケアが不十分だとまた同じことになる可能性もありますので、ニキビができないようにするためにも保湿重視のスキンケアを行いましょう。ニキビ対策を医師に相談してみるのも有効です。

 

黄ニキビはかなり悪化した状態

見た目は白ニキビと似ていますが、黄ニキビはかなり悪化した状態です。白ニキビと間違えて潰してしまうと痕になりますので、正しいケアを行わなくてはなりません。

 

黄ニキビの原因は赤ニキビの悪化

赤ニキビからさらに症状が悪化し、ニキビ内部には膿が溜まっている状態になるのが黄ニキビです。赤ニキビの時にはアクネ菌だけだったニキビ内部に、黄色ブドウ球菌という菌まで入ってしまうので炎症がひどくなります。

 

ケア方法

黄ニキビを潰すとかなり高い確率で痕が残ります。膿を出して炎症が消えても痕が残るだけでなく、クレーターのような痕になってしまうこともあります。そうなると、その痕を消すためには数年間かけての治療が必要になります。
後悔しないためにも、自分では一切触れずに医療機関に行きましょう。赤ニキビと同じく、抗生物質などの処方を受けられるほか、レーザー治療を行っているところもありますので、事前にネットなどで治療内容を確認してみると良いでしょう。

セルフケアで解決するためには時間もかかるのですが、顔の汚れをきちんと落とす洗顔、保湿を重視したスキンケアを行いましょう。食生活の見直しや、睡眠時間をきちんととるという日々の習慣の改善でも肌に良い効果がありますよ。

 

ニキビに合ったケアを行いましょう

間違ったケアをすると痕になって残ってしまう可能性もありますので、正しいケアを行うのが大切です。繰り返すニキビにお悩みの方は一度病院で診察を受けるのもおすすめです。しかしまずは洗顔とスキンケア、食生活と睡眠という部分を見直すことでもニキビが改善できるかもしれません。

 

 

-ニキビの豆知識
-, , ,

Copyright© ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ , 2017 All Rights Reserved.