ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ

ニキビを治す ニキビ痕を消す 為に調べたやってみた 口コミや情報を書いています

ニキビの種類はひとつじゃない!?正しい知識でニキビ予防!

投稿日:

ニキビ(にきび)の種類はひとつじゃありません。正しい知識で、きちんと ニキビ予防 しましょう。
思春期から始まる面皰(にきび)との戦い。中高生のころにニキビに悩まされて試行錯誤した方もおられると思います。思春期が終わってからは落ち着いたものの、生理前になるとポツンと出来ているニキビに気付いたり、寝不足が続いたときに出来るニキビにハッとなったりと、大人になってからもニキビとの付き合いは続いていきます。
ニキビは正しくケアしないと跡になったり、治りが悪くなったりと意外と繊細なものですので、正しい方法で ニキビケア できるように少し勉強してみませんか?

ニキビの種類

 

 

ニキビには段階がある

ニキビは5段階あり、はじめは白いニキビが肌に現れます。これは初期段階のニキビで、ここで適切なケアを行えば問題なくもとの肌へ戻ることが出来ます。
次に黒くなり、その次は赤色になり、さらに黄色、最終的には紫色、という色の変化を経ながらどんどん悪化していきます。これを放置したままだと、ニキビ跡がくっきりと分かってしまうクレーター状の穴になったり、ケロイドになってしまうこともあります。
ここまで悪化してしまうとセルフケアで解決出来ませんので、皮膚科で治療を受けなければいけません。
ニキビが出来たら早めにケアを行うことが大切です。

 

どうしてニキビが出来るのかを知ろう

1.毛穴に汚れや皮脂が詰まる

ニキビが出来る原因となるのが、毛穴に汚れや皮脂が詰まることです。
毎日きちんと洗顔をしていなかったり、乾燥していて毛穴が開いていたりすると、汚れが毛穴に溜まって詰まりやすくなります。
日焼け止めやメイクが肌に残っているという状態も良くありませんので、疲れていてもメイク落としはきちんとするようにしましょう。
洗顔を丁寧に行うことで、ニキビが出来てしまう確率は下げられます。

 

2.塞がれた毛穴に皮脂が溜まる

私たちの肌は毛穴を使って皮脂を分泌しているのですが、毛穴が出口としてきちんと開いていない状態だと皮脂が出ていくことが出来ず、詰まったまま内部に溜まっていくことになります。
これもニキビの原因です。

 

3.アクネ菌が増える

毛穴などに溜まった皮脂は、アクネ菌の大好物です。毛穴内部に皮脂がたまっていると、アクネ菌の繁殖が始まって、それにともなって炎症が起こります。
炎症が酷くなるにつれて、ニキビは広範囲に影響を与え、そしてニキビの深さも深まっていくことになります。

 

「白ニキビ」のケア方法

白ニキビの原因

白ニキビは、ニキビの初期段階と言っても良いでしょう。毛穴に汚れが詰まっている状態で、まだ炎症は起きていません。この段階できちんとケアをしておくことで、これ以上悪化させずに治せますので見付けたらきちんと対処しましょう。
白ニキビの原因は、洗顔がしっかり行われておらず顔に皮脂や古い角質などの余分なものが残ったままになっている、メイクオフが出来ておらず毛穴に残っている、女性の生理周期によるホルモンバランスの乱れなどです。生理周期によるものはなかなか対処しにくいものですが、その他の原因は日頃の洗顔をきちんと行うことで防げるものですので、ニキビが頻繁に出来てしまうという方は洗顔方法やアイテムを変えてみると良いかもしれません。

 

白ニキビのケア

白ニキビは洗顔だけでなく、生活習慣でも改善できます。
もし睡眠不足や、脂分の多い食事を摂っているという心当たりがある場合はそういった点を改善することで白ニキビが治る可能性もあります。
体を健康に保つことで肌の健康も保てますので、改善できるポイントがあれば気を付けて生活してみてください。

 

肌を清潔に保てば白ニキビは悪化しない

「毛穴の汚れを落としたい!」と思ってゴシゴシと洗うのは禁物です。
洗顔フォームをしっかり泡立てて、自分の指が肌に触れないように泡を使って肌を洗ってください。それだけでも毛穴の汚れはちゃんと落ちますよ。
また、メイク落としと洗顔が一緒になったタイプのものもありますが、しっかりメイクをしている方はきちんとクレンジングと洗顔の両方を使ったほうがメイク汚れや皮脂をきちんと洗い流すことができます。

たまにはメイクをしない日、というのを作って肌を休ませてあげるのも良いでしょう。

 

「黒ニキビ」のケア方法

黒ニキビの原因

黒ニキビは、白ニキビの中にある皮脂が酸化して変色したものです。黒くなるとドキッとしてしまいますが、まだ炎症は始まっていませんので、対処方法としては白ニキビと近いものになります。

 

黒ニキビのケア

黒ニキビは角栓の下に溜まる皮脂の量が白ニキビより多くなっていると思われます。そのため、より正しい洗顔を心掛けるのが大切です。洗顔をするうちにニキビに詰まっていた汚れが落ちて自然と治っていくのを待つというのも手ですが、どうしても気になるという場合には、毛穴に詰まった角栓を押し出してしまうという手段もあります。
しかし、この方法は毛穴を傷付けてしまう可能性もありますので、慎重に行わなくてはなりません。
毛穴の傷は後々痕になってしまうこともありますので、「角栓を取りたいけれど自分でやるのは不安」という場合は皮膚科に行って医師に処置してもらうのがおすすめです。保険が適用されますので、金銭面での負担は大きくならないでしょう。

 

「赤ニキビ」のケア方法

赤ニキビの原因

赤ニキビになると、炎症が始まります。角栓の下にたまった皮脂を餌に、アクネ菌が増えてきているため、放っておくとさらに悪化してニキビが大きくなって、皮膚の組織を破壊してしまいます。ひどいとケロイド状になることもあります。

 

赤ニキビのケア

赤ニキビは刺激に敏感に反応して炎症をひどくさせてしまうこともありますので、なるべく刺激をしないように注意しましょう。
白ニキビや黒ニキビと同様に肌を清潔にしておくことはもちろんなのですが、抗炎症効果を持つスキンケアアイテムを使えば早めに症状が落ち着く場合があります。しかし、本人がストレスを抱えていたり、睡眠不足だったりすると免疫力が落ちているため、治るスピードが健康なときと比べると遅くなるかもしれません。
1日7時間から8時間しっかりと睡眠時間にあてることで、赤ニキビの炎症でダメージを受けた肌の細胞の修復も進みやすくなります。
また、皮膚科に行って薬を処方してもらうとより早く赤ニキビを治せるかもしれません。

 

「黄ニキビ」のケア方法

黄ニキビの原因

黒ニキビからさらに進むと、黄ニキビへと変わります。これは、炎症が起こっている部分の内部で増殖していた細菌と白血球が残骸となってしまい、結果として膿となってしまった状態で、かなりひどい状態と言えます。
この頃には炎症も深刻なものとなっているでしょう。

 

黄ニキビのケア

膿んでいる部分から膿を出してしまえば回復することもありますが、膿を出す際に肌を傷付ける心配もあります。また、その後の処置が適切でないとばい菌が患部に入って症状を悪化させてしまうことにもなりかねませんので、皮膚科に行って専用の器具を使った処置と処方を受けるのも視野に入れておいてください。

 

「紫ニキビ」のケア方法

紫ニキビの原因

これはニキビの最終段階と言える状態で、炎症がかなり深刻化してしまい、ニキビの中では膿だけでなく血も溜まっている状態になっています。
ここまでくると、ニキビがひどく腫れてしまっているはずです。

 

紫ニキビのケア

紫ニキビにまで悪化してしまうと、セルフケアで解決するのはかなり難しいと思われます。腫れあがっている状態のニキビを触ったり、膿を出そうとするのは止めて、早めに皮膚科に行くのが良いでしょう。
紫ニキビにまで悪化する場合には、免疫力が低下しているなどの体調不良が原因となっていることもありますので、ニキビだけでなく体そのものを回復させていくことが大切になります。

 

乾燥でもニキビが出来る

顎周辺に出来るニキビにお悩みの方はおられますか?
治ったと思ったらまた新しいニキビが出来ていた、という方は、乾燥が原因のニキビが出来ているのかもしれません。
肌は乾燥するとバリア機能が低下してしまうため、ニキビが出来るなどのトラブルが置きやすくなります。ニキビを気にして洗いすぎているかもしれませんので、洗顔のしすぎに注意してきちんと保湿を行うと、顎周りのニキビから解放される可能性もありますよ!

 

まとめ

ニキビは白ニキビのうちに対処すれば早めに治すことができます。しかし、出来ることならばニキビのないお肌で過ごしたいものですよね。
そのためには洗顔を優しく、きちんと行うことが大切です。睡眠不足もお肌のためには良くないので、夜10時からのゴールデンタイムにはしっかり眠るようにしておきましょう。

 

 

-ニキビの豆知識
-, , , , , , , , ,

Copyright© ニキビを治す ニキビ跡(あと)を消す やってみた 口コミ , 2017 All Rights Reserved.